中国国家图书馆 Z-Librarians HathiTrust数字图书馆 韩国历史研究所 中国社会科学出版社 台北中央图书馆 日本汉籍资料库 上海图书馆 清华大学 日本东京大学 哈佛大学燕京图书馆 法国国家图书馆 京都大学人文科学研究所 日本国立公文书馆 浙江大学 加州大学洛杉矶分校图书馆 日本国立国会图书馆 南京大学 新南威尔士大学 牛津大学博德利图书馆 华中师范大学 苏州大学 安徽省图书馆 美国国会图书馆 日本龙谷大学 华侨华人历史文献档案馆 早稲田大学图书馆 巴伐利亚州立图书馆 四川大学 西安交通大学 香港科技大学图书馆 牛津大学图书馆 辅仁大学 英属哥伦比亚大学 香港公共图书馆 海德堡大学 南京农业大学 日本京都大学 北京大学 台湾中央研究院历史语言研究所 中国佛教寺庙志数位典藏 斯坦福大学 南昌大学 日本宫内厅书陵部 日本琉球大学附属图书馆 唐河县图书馆 澳大利亚国家图书馆 澳大利亚国立大学图书馆 哥伦比亚大学 普林斯顿大学图书馆 北京交通大学 吉林大学 台湾中央研究院数位文化中心 加州伯克利大学 长崎大学图书馆 市立米泽图书馆 奈良女子大学 北京师范大学 大英图书馆 韩国国立图书馆 国际日本文化研究中心 洛阳市图书馆 哈佛燕京图书馆 泸州市图书馆 横浜市立大学 井冈山大学 华东师范大学 北碚图书馆 中山大学图书馆 柏林国家图书馆 日本大阪大学 御茶水女子大学 香港浸会大学图书馆 中国国家典籍博物馆 大学数字图书馆国际合作计划 日本学习院大学 苏州图书馆 华中科技大学 山西省图书馆 香港中文大学 山东大学 东京国立博物馆 内江师范学院图书馆 香港中文大学图书馆 康奈尔大学 香港城市大学邵逸夫图书馆 东京海洋大学 阆中市图书馆 北京大学图书馆 华东师范大学图书馆 日本地理空间信息管理局 私人收藏 加拿大麦吉尔大学图书馆 上海交通大学 武汉大学 茨城县立图书馆 中国人民大学 德国国家图书馆 复旦大学 东南大学 温州大学

1、 曲礼全経附伝集 万暦5年[1577]序、隆庆5年[1571]自序林応训刊本

12巻附录2巻(8册)曲礼は日用の礼を记したもの‘礼记’49编の冒头の2编が曲礼万暦5年(1577)の序、隆庆5年(1571)の自序あり...

2、 毛诗疏 钞本(写本)

20巻・10册“诗経”の注釈书巻1の第1行に“附釈音毛诗注疏巻之一周南関睢诂训伝孔颖达疏”とあるが、本文は疏のみで、注疏本から疏を钞录したものと考えられる随処に训点や朱墨の书入れがあり、异本によって校勘した语を加え、栏外には玉篇や経典釈文を引いている...

3、 精选东莱先生左氏博议句解 朝鲜刊本

8巻・3册(天・地・人)吕祖谦の‘东莱左氏博议’より著名な句86を撰出し、まず句の出処と主意を述べ、ついでその语の详细な解说と政治的论评を加えたもの...

4、 中庸章句大全 朝鲜活字印本

4巻或问附(4巻・4册)“宣赐之记”“米沢蔵书”“□□”“静抱动察”“高霊后従申応榘子方”の印中庸は儒教の“四书”の一つ宋の朱熹が著した注釈书‘中庸章句’がよく知られる内赐记はなし...

5、 四书直解指南 万暦39年[1611]刊书林易斉詹亮刊本

27巻・12册“香坂维直”“兴譲馆蔵书”“康□之印”“四书直解”は明の张居正が、神宗が経莚を开くにあたり、帝に进呈した讲义草案后に焦竑が増补を加えた眉栏の文はこれに対する杨文奎の指南で、直解を要约解说したもの本书は万暦39年(1611)の刊本...

6、 四书蒙引 万暦15年[1587]序

15巻别录1巻(15巻・13册巻3欠)“麻谷蔵书”の印四书(大学・中庸・论语・孟子)の注釈书の一つで、明の蔡清撰本书は万暦15年(1587)序の刊本...

7、 大魁四书集注 朝鲜古活字印本

7册本书は朝鲜古活字本で、1册目が大学、2册目が中庸、3・4册目が论语、5・6・7册目が孟子...

8、 孝経大义 朝鲜刊本 春坊蔵板

1册“林泉文库”の印孝経の注釈书で、元の董鼎の注本书は朝鲜刊本で、序文に“辅养庁重刊”、封面に“己卯新刊孝経春坊蔵板”とあり、辅养庁本を覆刻したものであろう...

9、 首楞岩义疏注経 寛永9年[1632]刊

10巻・5册“衡门璠玙堂図书”“法隆寺山内北室院蔵书”“清水尚志堂蔵书”等の印あり宋代の仏教书で、禅法の要义を说いた‘首楞厳経’の注釈书首楞厳とは梵语“シューランガマ”の音訳で、意味は“勇者として进み行く者”、すなわち菩萨のあり方を意味する...

10、 金刚般若波罗蜜経注解 写本,明の洪武刊本の覆刻である临川寺版の写本。

1巻1册“米沢蔵书”の印仏教书巻末に“康暦二年庚申八月日重刊于临川寺”の刊记を写す、明の洪武刊本の覆刻である临川寺版の写本室町末期の写と考えられ、全巻に朱点をほどこす...

11、 仏果圜悟禅师碧岩录 能登総持寺刊本

10巻・9册10巻欠“中山兀生寺”の墨书と“不明印”、“米沢蔵书”の印中国の仏教书で、代表的な公案集“施主栄林総繁菴主”“前総持承天大和尚奉报御恩也”の阴刻刊记があり、室町时代初期の総持寺刊本である元の大徳年间杭州张氏刊本の覆刻...

12、 隆兴仏教编年通论 日本活字印本

28巻・15册“米沢蔵书”の印中国に仏教が伝来した后汉から五代に至るまでの、约900年间の中国仏教における事迹を编年で记したもの本书は寛永年间の活字印本で、宋版本を覆刻した五山版に基づいたものと考えられる...

13、 増修附注资治通鉴节要続编 明刊本 双桂书堂新刊宣徳8年[1433]

30巻・8册“麻谷蔵书”の印宋元2朝の编年史张光启が、明の梁寅の‘宋史略’、张美和の‘元史节要’によって编纂し注を附した‘资治通鉴节要続编’(宋元通鉴节要続编)巻に、刘剡が増补をほどこしたもの...

14、 釈氏要览 室町末期钞本

3巻・3册“米沢蔵书”の印中国・宋代の仏书で、仏教の故実や名目の简洁な解说书本书は室町末期の钞本と考えられ、后序の前に、习法堂司比丘行妙勤书とあるのは、钞写者の自署であろうか...

15、 历朝故事 明刊本 万暦35年[1607]の序

10巻・4册巻8・9・10欠“清水尚志堂蔵书”の印历代の故事を诸书より采集分类したもので、天文・地舆・歳时等々25门に分けている万暦35年の序...

16、 史记英选 朝鲜刊本 朝鲜活字印本正祖20年[1796]刊

6巻2册56巻欠“李范晋印”“松云”の印司马迁の‘史记’から、一本纪・二世家・二十二列伝・大史公自序を抽出したもの前年(正祖19年)には8巻4册の制版本が出されたが、本书は、最后の2巻を削り活字印刷したもの...

17、 历代君臣図像 日本刊本 日本古活字本

2巻・2册中国史上に著名な君臣のうち、40名の君主を上巻に、68名の臣下を下巻に収め、君臣の図像を前半叶に掲げ、后半叶にその事迹を记し、赞を加えた...

18、 孔子通纪 日本刊本 日本古活字本

8巻・4册“麻谷蔵书”の印孔子の道统と世系、その言行、孔子殁后に历代王朝が赠った褒号・封号、历代の孔子の祭祀、さらに孔子の弟子や孔子の子孙のこと记す...

19、 有象列仙全伝 明刊本

9巻・4册“米沢蔵书”の印中国古来の仙人497名の伝记・逸事を集め、図像を附したもの明末の刊本と思われるが、図は刻线が细く美しい...

20、 古今人物论 明刊本 潭阳 余彰徳刊本 万暦36年[1608]刊

36巻・18册14・15・22巻欠“宫昌”“松本蔵书”“羽米藩泰山横山恒蔵书门外不出”の印1册目に鼎型の不明印明の郑贤が、三皇・五帝を始め中国の历史上著名な人物に関する诸家の评伝を辑录して、その后に彼自らの评论を加えた书本书は万暦36年(1608)の刊本...